published Feb. 15, 2017
JpGU-AGU Joint Meeting 2017:Arctic and Antarctic Science and Future Plan
JpGU-AGU Joint Meeting 2017における標記のセッションについて、
以下の通りご案内と投稿のお願いが届きました。
詳細は以下を御覧いただき、積極的な投稿をお願いいたします。

============= 以下引用 =============

北極域研究者、南極域研究者の皆様

JpGU-AGU Joint Meeting 2017のセッション
 M-IS21:南北両極のサイエンスと大型研究
のご案内と投稿のお願いです。

本セッションは、大規模な改訂が予想される マスタープラン2020
(2019年に提案募集の見込み)に向けた極域科学関連の提案をとり
まとめるにあたり、広く研究計画の提案を募り、分野横断的に議論
することを目的とします。
このため、極域科学の大型研究計画の候補あるいはその一部、もし
くは参考となるような、研究計画に関わる投稿を募集しています。
http://www.jpgu.org/meeting_2017/session_list/detail/M-IS21.html

セッションは5月24日の4コマ目(PM2:15:30〜17:00)に開催され
ます。投稿〆切が2月16日の17:00と迫っていますが、ご関心ある方
は是非投稿をご検討ください。
http://www.jpgu.org/meeting_2017/submission.html#abst

(参考)
「学術の大型施設計画・大規模研究計画に関するマスタープラン」
は、我が国の大型計画のあり方について指針を与えることを目的と
して、日本学術会議が策定するものです。
http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/ogata/

代表コンビーナ 中村卓司